前へ
次へ

学校に行く理由は勉強だけではない

最近、学校に行かず動画投稿者として生きていくと宣言した小学生が話題になりました。
なんでも、宿題をやらされるのが嫌なのと、学校に行くような同級生はロボットのようで、自分はそんな生き方をしたくないと感じたそうです。
自分自身も団体行動が苦手で学校に行くのがつらかったですが、勉強は得意でした。
だからよけいに学校に行く必要性がわからなかったのです。
今思えば、学校で学んだことは勉強ではなく、団体行動の理不尽さだった気がします。
クラスで一人が騒いだら全員が居残りをさせられたり、できない子のために待たされたりということをたくさん経験し、「社会とはこういうものなのだ」ということを知りました。
所属する団体がスムーズに動くために時間通りに行動すること、自分に割り振られた仕事をきちんとすることなど、まさに社会に出て働くための基本かと思います。
人の迷惑にならないか考えることで思いやりも持てるようになります。
こういったことが学校の意味なのではないでしょうか。

Page Top